暮らしていく環境の違い

道なき道を1時間も2時間もかけて学校に通う子供達の様子をテレビで見ました。
子供によっては軍隊に気を付けなければならない過酷な通学路です。
これを見ていて、本当に普通にそして当たり前に学校で学ぶことができる環境にあるということを実感しました。
学校に行きたくないなんて思ったことは多々ありましたけど、贅沢な言い分です。
勉強して家族や村を助けたいという子供がいるのに自分は情けないですね。
こういうのは学校で、子供達に見せればいいのに。
すでに大人になってからでも、自分の環境がありがたいと思います。
同じ年齢の子供達の環境を知るのは悪いことではありません。
学校の成績も大切でしょうけれど道徳など他にも学ぶには大切なこともありますからね。