10年目の今年

3月11日。
東日本大震災から10年目の今年。
人のつらい体験を聞くのもつらいです。
もらい泣きなんて、よくないと思うのに涙は出てしまうので余計に自己嫌悪におちいります。
もう10年。まだ10年。
戦争もそうですが、風化させてはいけない教訓があります。
そういうのを聞くと涙なしにはいられないし、目をそむけたくもなります。
自分だけはだいじょうぶという気持ちではいないけれど、危険性のあるところには住みたくなと強く思います。
しかし日本に住んでいたら、100%安全な場所はないと思うしかないですね。
あとは災害がきてしまったときのことを考えて備えておくしかない。
家がなくなったら困るし、親族がなくなっても困る。
全世界で災害のない日々を願います。

コメントは受け付けていません。